数学イベント情報

当研究所以外が主催する数学イベント情報です。
2013/07/01

京都大学数理解析研究所研究集会「数学史の研究」プログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by:小川束
2013年度の京都大学数理解析研究所研究集会「数学史の研究」が開催されます.

最新のプログラムは以下の通りです(8月3日,一部変更がありました).
ダウンロードファイルはProgram20130827.pdf
懇親会(しらん,5000円)の申し込みも受付中です.
事前に小川束ogawa@yokkaichi-u.ac.jpまでお申込みください.






18:06 | トラックバック(0)
2012/08/13

京都大学数理解析研究所・研究集会「数学史の研究』のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:小川束

本年度のRIMS研究集会「数学史の研究』のプログラムは以下の通りです.
今年度は中国科学院自然科学史研究所の郭書春先生,鄒大海先生,清華大学の馮立昇先生をお招きし,28日をChina Dayとしました.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

RIMS 研究集会「数学史の研究」

RIMS Workshop, Study of the History of Mathematics


研究代表者 小川束

平成 24 年 8 月 27 日 ? 30 日

京都大学数理解析研究所 111 号室


講演プログラム


8月27日(月)13:00?17:00

午後

13:00?13:45 鈴木武雄(日本オイラー研究所・元掛川市教育センター)

  古活字版と初期和算書

  Old printed books and early wasan books

14:00?14:45 小寺裕(東大寺学園)

  関孝和と会田安明の角術比較

  Aida's Kakujutu

15:00?15:45 杉本敏夫(日本女子大学)

  和算における第二余弦定理

  The Second Cosine Theorem in the Wasan

16:00?16:45 城地茂(大阪教育大学)

  東西の格子乗法から見た近世日本数学

  A Study of Japanese Mathematics from the View of Lattice Multiplication in Eastern 

  and Western at the Edo Period


8月28日(火)09:00?17:00

午前

09:00?09:40 三浦伸夫(神戸大学国際文化学研究科)

  古代エジプト数学再考

  Ancient Egyptian Mathematics Reconsiderd

09:50?10:30 田辺寿美枝(聖心女子学院)

  『数書九章』と『括要算法』

  “Mathematical Treatise in Nine Chapters” and “Compendium of Mathematics”

10:40?11:20 佐々木力(オイラー研究所・前東京大学)

  東アジアの商業革命と算盤・天元術の算学世界

  The Commercial Revolution in East Asia and the Mathematical World of Suanpan 

  and Tianyuanshu)


午後

13:00?13:45 郭書春(中国科学院自然科学史研究所) 

  ?国秦?数学????

  A brief discussion on the bamboo or wooden slips of the period from Warring States to 

  Han Dynasty

14:00?14:45 鄒大海(中国科学院自然科学史研究所)

  从出土文献看秦??量?位石的?迁

  The change of the measurement unit shi during the Qin and Han Dynasties: a study on 

  the basis of unearthed documents

15:00?15:45 馮立昇(中国清華大学)

  近代漢訳西洋数学書と日本幕末明治初期の数学

  Modern Chinese translation of Western mathematics book and Mathematics in Japan 

  during the 19th century

16:00?16:45 田村誠(大阪産業大学)

  岳麓書院蔵秦簡『数』について

  On YueLuShuYuan's book "Shu" of Qin dynasty

(28日コメンテータ:郭書春,馮立昇,鄒大海)


懇親会


8月29日(水) 09:00?17:00

午前

09:00?09:40 増田茂(数理解析研究所)

  Eulerに淵源を見る定積分における実数から虚数への流用に批判的なPoissonの超越関数の綿

  密な取り扱い

  Poisson's careful handling of transcendental function, criticizing the diversion by Euler

  in origin,from real to imaginary in definite integral

09:50?10:30 野村恒彦(神戸大学大学院国際文化学研究科異文化研究交流センター)

  ジョージ・ピーコック『代数学』の序文について

  On Preface of George Peacock's A Treatise on Algebra

10:40?11:20 足立恒雄(早稲田大学)

  デデキントの数学思想

  Dedekind's Mathematical Thought


午後

13:00?13:45 阿部剛久(芝浦工業大学)

  現代確率論の起源. 形成および発展(II)―無限次元確率解析における飛田の仕事:「ホワイト

  ノイズ解析と関連した話題」の起こりから現在に至る展望―

  The Origin, Formation and Development of the Modern Probability Theory (II)

14:00?14:45 高瀬正仁(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)

  代数方程式論のはじまり ラグランジュとガウス

  On the beginning of the theory of algebraic equations : Lagrange and Gauss


15:00?15:45 長田直樹(東京女子大学)

  『解見題之法』について

  On "Kai-ken-dai-no-hō"

16:00?16:45 公田藏(立教大学)

  近代日本における,函数の概念とそれに関連したことがらの普及

  The spread of the concept of functions and related topics in modern Japan


8月30日(木) 09:00?13:00

午前

09:00?09:35 小曽根淳(亜細亜大学)

  紅毛流として伝来した測量術について(?)我が国への三角関数表伝来と二つの経路

  On the Survey taught by the Dutch in the 17th century Japan (?)

09:40?10:15 藤井康生(関孝和数学研究所)

  「大成算経巻之八・九 日用術」について

  On the Volumes 8 and 9, Daily Calculations, of the Taisei Sankei (Complete Books of 

  Mathematics)

10:20?10:55 森本光生(上智大学・関孝和数学研究所)

  「大成算経」の現代語訳について

  Translation of the Taisei Sankei into modern Japanese

11:05?11:40 小林龍彦(前橋工科大学)

  中根元圭の研究(?)

  Study of Genkei Nakane (?)

11:45?12:20 真島秀行(お茶の水女子大学)

  「算学玄訓」における関孝和の行列式

  On the determinat by SEKI Takakazu in “Sangaku-genkun"

12:25?13:00 小川束(四日市大学)

  至誠賛化流の幾何学

  Geometry Studied by the Shisei-Sanka School

プログラム20120813.pdf



23:08 | トラックバック(0)
2011/06/24

公開セミナー 子供の学力を回復する算数授業のあり方

Tweet ThisSend to Facebook | by:小川束
本研究所の有田八州穂先生が表記セミナーにおいて公開模擬授業を担当します.
関孝和数学研究所は本公開セミナーを協賛しています.

詳しくは下記案内をご覧下さい.申込み方法もついています.

23子どもの学力を回復する算数授業のあり方 6・23.pdf
00:12 | トラックバック(0)
2011/05/31

数学教育とその周辺の学会,集会の予定

Tweet ThisSend to Facebook | by:小川束
数学検定協会の藤井一正先生より今年度開催される数学教育とその周辺の学会,集会の予定を教えていただきましたので,一覧します.

数学教育学会夏季研究会(関西エリア)
6月19日(日) 10:00〜16:30
佛教大学二条キャンパス
http://wwwsoc.nii.ac.jp/mes/kenkyukai/k110619.pdf

日本カリキュラム学会 全国大会
7月16日(土)・17日(日)
北海道大学
http://homepage3.nifty.com/jscs/

全国算数・数学教育研究(神奈川)大会
8月1日(月)〜8月2日(火)
http://www.sme.or.jp/conp/conp_01_2011_02.html

数学教育協議会 全国研究大会(福井大会)
8月6日(土)〜8日(月)
福井大学教育地域科学部 フェニックス・プラザ
http://ws-idea.artec-t.com/AMI59/index.html

GRAPES講習会
8月5日(金)〜6日(土)
名城大学(名古屋市)
正式案内、掲載済み
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~tomodak/grapes/

GRAPESフォーラム
8月20日(土)10:00−17:00
龍谷大学 大阪梅田キャンパス
正式案内、掲載済み
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~tomodak/grapes/

日本科学教育学会 年会
8月23日(火)〜25日(木)
東京工業大学 すずかけ台キャンパス
http://www.jsse.jp/jsseam/modules/note4/

数学ソフトウェアと教育 -数学ソフトウェアの効果的利用に関する研究-
8月24日(水) 〜8月26日(金)
京都大学数理解析研究所
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kyodo/workshop-ja.html

日本教育工学会 第27回全国大会
9月17日(土)〜19日(月)
首都大学東京(南大沢キャンパス)
http://www.jset.gr.jp/taikai27/

サイエンスフェスタ愛知2011
名古屋市立科学館
10月1日(土)〜2日(日)

愛知県高等学校数学会
11月1日(火曜日)
刈谷市総合文化センター
アイリスホール

数学教育論文発表会
11月12日(土)〜13日(日)
上越教育大学
http://www.sme.or.jp/conp/conp_02_44_01.html

23:10 | トラックバック(0)
2011/05/26

第155回数学文献を読む会

Tweet ThisSend to Facebook | by:小川束
数学文献を読む会が開催されます.

日 時:2011年6月17日(金)午後6時30分〜8時場 所:共立出版(株)3階会議室講 師:田村 誠(大阪産業大学)テーマ:岳麓書院蔵秦簡『数』と中国古算書

概 要:岳麓書院蔵秦簡『数』とは、2007年12月に岳麓書院が香港の骨董市場より購入した書籍簡の中の一書である。その成書は紀元前212年とされ、それまで中国最古の算書とされていた張家山漢簡『算数書』の前186年をわずかにさかのぼる。まだ非公開ながら、2006年には睡虎地漢簡『算術』(前157年)も発掘されており、今後『九章算術』以前の古算書研究が活発になると思われる。本講演では『数』を中心にご紹介いただき、『算数書』や『算術』との比較、また、『数』の出現によって起きた議論についても触れていただく。なお、『数』については2010年9月に岳麓書院で国際学会が開かれ、そこでの検討を踏まえた正式な釈文・写真・赤外線写真が間もなく発表(出版)される予定である。

入場は無料.会場設営の都合上、参加をご希望の方は出席の旨を
共立出版(株) 編集部・赤城圭さん
akagi@kyoritsu-pub.co.jp
まで.

22:57 | トラックバック(0)
2011/05/25

RIMS研究集会「数学史の研究」

Tweet ThisSend to Facebook | by:小川束
京都大学数理解析研究所で研究集会「数学史の研究」が開催されます.

期間:2011年8月23日〜8月26日,部屋:111   
代表者:高瀬 正仁(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kyodo/workshop-ja.html
(プログラムはまだ公開されていません.)


23:24 | トラックバック(0)
2010/05/01

サイエンスカフェ神戸

Tweet ThisSend to Facebook | by:高田智広
2010年5月15日、13時より「ゲーデルの不完全性定理と無限の研究としての集合論」を
テーマにサイエンスカフェ神戸が行われます。

サイエンスカフェは科学や数学の専門家とお茶やコーヒーを片手に
科学や数学について語り合うことのできる場です。

詳細はサイエンスカフェ神戸のウェブサイトをご覧下さい。

http://scicafe.h.kobe-u.ac.jp/schedule/258.html

22:00 | トラックバック(0)