お知らせ

研究所長・上野健爾の『円周率が歩んだ道』(岩波現代選書004)が刊行されました.岩波現代全書は岩波全書を引き継ぐ新シリーズで,その最初の5冊の中に数学史が含まれているのにビックリです.ビックリと言えば,本書の最後に付録として円周率の超越性の証明が載っています.
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/zensho/index.html
から辿って行くと目次を見ることができます.(小川束)

 

お知らせ

客員研究員の鈴木将史先生がJay R. Goldmanの『数学の女王 ―歴史から見た数論入門―』を翻訳されました.616ページの大著です.

詳細な目次を共立出版のホームページで見ることができます.
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320110328





 

所員ニュース


2011/05/23

名城大学で講演しました(小川束)

Tweet ThisSend to Facebook | by:小川束
4月30日(土)名城大学の総合講座で「江戸時代の数学」というテーマで90分の講義をしてきました.

200名を越える受講生があり緊張しました.この講座は市民に公開されていて,実は大半が一般の方でした.とても熱心に聞いていただき,うれしい限りです.

終了後,新聞記事を送ってくださった聴講生がありました.長崎の米光丁先生が久留米市の高良大社に算額を奉納するという記事です(西日本新聞4月27日付).全く知らない出来事で,興味深く読みました.送ってくださった方は匿名で記事をお寄せくださったので,お礼を述べることができず,5月7日(土)の講座のときに,事務の方からお礼を述べていただくようにお願いしました.ちなみに,5月7日は「情報通信技術による自動車交通の省エネルギー化と環境負荷低減」というテーマでした.


22:53 | トラックバック(0) | 講演